南カリフォルニア大学留学
usc留学
アメリカ西海岸で最も優秀な大学がUSC(南カリフォルニア大学)になります。今回はUSC japan program 5th memberとして参加することが出来ました。 このプログラムは日本とアメリカを代表する歯科医師を講師に迎え半年間、歯科医療の最前線について学ぶトレーニングです。

まさにAll JapanとAll Americaによる歯科短期留学プログラムなのです。

USCはロサンゼルスにあり、成田空港からおよそ10時間のフライトの後、タクシーで30分くらいで到着します。

USC(南カリフォルニア大学)

USCは世界中で最も優秀な歯科医師が集まる大学で、卒業生には数多くの世界を代表する歯科医師が輩出されています。 歯科以外の卒業生では映画監督のジョージ・ルーカスやアポロ11号のニール・アームストロング船長、アップルコンピュータの共同創始者のマイク・マークラなど世界を牽引する人材がいます。 日本人で身近な人物は安倍晋三さんで、USCにほぼ1年間留学しています。

私が留学したのは2013年の9月でこの時期のロサンゼルスは日差しが強いですが、風が涼しくて以外の他、過ごしやすい街だと感じました。

【トミー・トロージャン像】

こちらはトロイの木馬で有名なトロイの戦士像です。USCはトロイの戦士の勇気を讃え、大学のトレードマークとしており、生徒や先生達大学関係者はTrojansと呼ばれています。大学の結束力ともさることながら、そこにいる一人一人がみんな家族のように接してくれます。それ故USC卒業した歯科医師は国境を越えて『Trojan Dentist』と呼ばれています。
トップへ戻る
キャンパス紹介

【最初の授業の日】

最初の授業で、留学したメンバー全員に大学から記念の帽子を頂きました。もちろん帽子はトロージャンカラーの赤茶色!!。日差しが強いこの時期にはとっても助かりました。
アメリカの大学は授業のスタイルも日本と違い、朝食を取りながらの授業です。 最初は慣れないので、飲み物やら教科書やら整理整頓の苦手な私の机の上は日々物で溢れかえってました。

ちなみに南カリフォルニアのオレンジジュースは果実の味も甘くスッキリしており、人生最高の美味しさでした。

【案内役のAMANDAと】

校内にはスターバックスや図書館や病院、シアターなどいろんな施設が集まっています。また兎に角広い大学なので移動手段は自転車やスケボーでみんな元気です。(^O^)/ 

【Lunch】

初めての校内でのランチです。さすがアメリカといったボリュームでした。少し外に出ると、中庭でハンバーガーやホットドッグを焼いてくれてアツアツが美味しかったです。お昼は水が飲みたかったのですが、こちらではコーラがお水?!代わりで飲まれています。仕方ないのでグリーンティーを飲んだのですがこれもまた激甘で参りました。日本に帰ったら太っていないか心配 (#^.^#)。
トップへ戻る
海外研修

【Dr. Ilan Rotsteinの講義】

講義は連日朝の9時から17時まででしたが、振り返ればなんだかあっという間でした。時差ボケの影響もあって体が慣れるのに最初はけっこう辛かったです。イラン教授からは歯内療法の勘所を再認識させられ、これからの臨床に活かしていきたいです。

【Dr. Bach Leの講義】

インプラント治療と骨造成がメインの講演で、非常に分かりやすくかったです。インプラント関連の勉強とさらなる飛躍が私のこの留学のテーマでもありましたので、バックリー教授の授業は最もエキサイティングで大変勉強になりました。
トップへ戻る
USCとHOLLYWOOD
【チャイニーズシアター前】
授業が終わった後は、仲の良いDrと一緒にハリウッドやメキシコなどに観光に行ってきました。ここハリウッドのメインストリートには映画のコスプレをしたキャラクターや観客で連日大賑わいです。
【ブラッドピッド夫妻と共演?!】

【ロデオドライブ】

ビバリーヒルズにあるロデオドライブにはRolexやLouis Vuitton、GUCCIにBulgariなど世界中のブランドショップがこの場所に集まっておりいろんなお店のショッピングを楽しむことが出来ます。駐車場の車はベンツかレクサスばかりで、自分では絶対乗ることのない塗装のカラフルなフェラーリが時々お店に横付けしてあります。

【LOBSTERのロブスター】

サンタモニカに観光に行ったときは、クラムチャウダーとシャンパンにロブスターといった海の幸を楽しんできました。海辺のサイクリング体験は10年ぶりでなんだか少年時代を思い出しました。
トップへ戻る

【ISISよりヒアルロン・酸ボトックスのCertificate取得】

今回の留学では、お口周りの審美領域の回復も出来るようにと授業後にはヒアルロン酸とボトックスを使ったアンチエイジングのセミナーに参加しCertificateを取得してきました。 Dr.Christopher Ho(クリストファー・ホ-)医師に直接師事し、大桑歯科でも美容歯科としてヒアルロン酸を利用して、ホウレイ線や口角のマリオネットラインを改善できるようになりました。 ホー医師はUSCで医学博士号、スタンフォード大学で博士号、UCLAでは皮膚科の専門医、ハバード大学ではレーザー治療の研究といった非常に優秀な医師です。皮膚科の専門医また美容医の傍ら、UCLAで助教授を務められており、その腕前は全米屈指で医学専門書も発行されています。

【Café PinotにてUSC Japan Program menu】

こちらは講師の先生方をおもてなしした際の懇親会のUSC japan program専用のメニュー。イタリア料理の有名店だったみたいですが、やはり私の苦手なあの甘酸っぱいサラダと独特の川魚に大苦戦し、ほとんど喉が通らなかったので申し訳なかったです。

卒業式後のUSC校内にてのパーティーメニュー。こちらも美味しかったのですが、リトルトーキョーで和食を頂きたかったのでここでは控えめに (^_^;)。

【卒業式後の懇親会】

【堀内克也先生との記念写真】

日本からのスピーカーも上田先生や三好先生を始め著名なDrがたくさん来られており、こちらは私が尊敬する堀内先生との一枚。日本でおそらく最高の外科医でもあります。Bach Le教授と合同でプレゼンして頂き、インプラント治療におけるサイナスリフトの注意事項やトラブル回避のテクニックなど多くの学びがありました。
トップへ戻る

【Little 東京】

私は比較的洋食好きなのですが、海外に長期間いると3日もすれば味噌汁やお寿司が恋しくてたまらなくなります。トミーさんに聞いてオススメのお寿司屋さん(まこ寿司さん)に来ました。味はこの際気にしない。とにかくほっと一息つける瞬間がありがたかったです。

他にもリトル東京にはけっこうお世話になり、居酒屋さんでは焼きおにぎりにネギトロを乗せてしまう感性には脱帽。 何を食べてもやっぱり日本が一番美味しいですね。

トップへ戻る
卒業式

【卒業証書授与式 (タウン&ガウン)】

USC歯学部副学長のイラン・ロトステイン教授とjapan program実行院長のトミー山下さんより卒業証書の授与がありました。

卒業式では大学所属のマーチングバンドが出演。歴史あるUSCの校歌を演奏して頂き、胸が震える思いでした。 またここまで一緒に勉強してきた仲間との出会いに感謝。USCでの学びは確実に私の中に宿りました。

最後の晩餐はLAWRY’Sで特製リブステーキを堪能。実は留学初日も有名店なのでこちらでDinnerだったのですが、あまりにポテトとステーキが美味しかったのでまた来てしまいました。

ハリウッドセレブも足しげく来店するというこのお店のステーキは目の前でシェフが肉を切り分けてくれます。

後で知ったのですが、大阪と東京にもLAWRY’Sの支店があるのだとか。ここロサンゼルスが総本山なので、本店で本物のサービスを体験できました。

【LAWRY’S The Prime Rib 】
トップへ戻る
TROJANS

【KENT OCHIAI教授と校内でpicnic】

この日は土曜日ということで、お昼から大学のアメリカンフットボールの試合が行われます。USCはナショナルチャンピオンチームで強豪校なのです。

みんな朝から大学に集まりそれぞれがBBQやパンケーキを焼いたりお祭りムードになります。チアリーダーやマーチングバンドも出演し興奮はピークに。

試合はUSCが僅差で勝利。危なかった(*_*)。 あまりに集中していたので帰国後日焼けで大変な事になってしまいました。

トップへ戻る
ロサンゼルス堪能
この留学を通して、世界の歯科医療の最前線と歴史を学ぶことが出来ました。けっして日本が遅れている訳ではないことも実感出来ましたし、国は変わっても歯科医師の仕事と使命は変わらないですね。

ロサンゼルスでの多くの体験は私の人生観に新しい気付きと価値観を運びました。

まずは自分の足で歩きだす事。 そしてそこで新しい出会いが生まれる。 素晴らしい人との出会いが、私に化学反応を起こし、今までの価値観が変わり、そして人生が変わります。 これからも歯科医師という使命を全うするため、そして新しい自分に会いに行くために走り続けたいと思います。
トップページへ
価格表 大桑歯科ブログ 初めての大桑歯科 アクセス 審美歯科 院長紹介 USC留学 設備紹介 メディア紹介 ホワイトニング インプラント 部分矯正 予防歯科 症例紹介 インターネット予約
総入れ歯でお困りの方へ
インプラントについてもっと詳しく
部分矯正
電子予約
無料メール相談